2015年09月06日

中国ショック

 8月の終わりから続く世界同時株安、この原因は中国の景気減速懸念と米国の利上げ観測である。トルコで行われているG20では、各国が世界経済のリスク要因と懸念する中国に構造改革の加速を強く求めた。「世界の工場」である中国経済が本当に減速すれば世界経済に与える影響は計り知れない。米国の不用意な利上げがあれば世界中にばらまかれたドルが米国に逆流し、新興国の経済に対し大きな打撃となることは明白だ。中国経済に対する危惧は以前からあったが、ここにきて人民元の切り下げ、上海株式相場の暴落、不動産バブルの崩壊、多国籍企業の工場閉鎖などの事態の悪化が表面化している。そしてその裏にある実体経済の減速が急速にクローズアップされた格好である。


 経済のグローバル化が進んだ90年代以降、中国の安い労働賃金と豊富な労働力を求めて多くの多国籍企業が中国進出を行った。日本企業にとってもこれは同様であった。特に円高が進む度に国内工場を削減してでも中国の安い労働力を求める企業が多かった。当時 私の勤めていた企業は例外的に国内生産比率が高く、国内の物づくり力に頼っていた企業風土の会社であった。しかし、2008年に起こったリーマンショック、急速に進む円高の流れの中、経営陣の判断は急転した。生産の早急なる海外シフトであった。当時、巷では「ガラパゴス化した日本経済」と揶揄され、日本人技術者はその本分を忘れ、生産の海外シフトにその軸足を移した。「機能の高度化」を至上命題としていた日本の技術者は時代遅れとされ、多くの技術者が「機能の削減」を目指した。時を同じくして、「機能の集積」を狙ったスマホが日本ではなく米国企業から生まれていることに注目したい。スマホを構成しているほぼすべての技術は日本の企業がそれまで自ら開発してきたものばかりである。半導体、電子部品、液晶パネル、Li電池、CCDカメラ、、。では なぜ日本はスマホを生み出せなかったのか、よく分析する必要がある。


 もう一つ見逃せないことは、この時日本企業が大切にしてきた価値を捨ててきたことである。それは従業員を大切にする経営姿勢である。株主の利益を最大限に守ることが企業の至上命題とされ、そこで働く人の幸福や成長といったものをないがしろにしてしまったのである。特に中国への進出は現地労働者を単なる低コスト労働者とみる風潮が高かったといえる。日本企業が長年培い、企業の原動力の源泉としてきた「生産現場で人を育てる」という文化が中国では吹き飛んでしまったのである。人だけではない、工場建屋も低コスト、生産設備も低コスト化が図られ、それらの安全性さえ低下させた。中国人労働者に創造性を期待することはなかった。中国と共存共栄するという思想の欠落である。これは 多かれ少なかれ中国に進出した企業共通の傾向であったといえよう。日本企業の内部留保金額は過去最大に膨れ上がったが、企業の価値創造の源泉とされる「イノベーション」を中国工場に期待することは無かったのである。


 今回の中国ショックの背景は中国の労働賃金アップと労働力不足にあるとする見解は多い。それはその通りであろう。1970年代前半の日本がそうであったように国家の経済成長過程では必ず起こる現象である。次に国家が自国の力で「イノベーション」を起こせるかどうかがその後の経済成長を占う鍵である。イノベーションを起こせる国家には自由で民主的な安定した社会が不可欠である。自由な経済競争原理が市場で働かないとイノベーションは起こせない。今後の中国がそういう国家に変貌できるのか注視する必要がある。リバースエンジニアリングという言葉に代表されるように他国の開発した技術の素早い応用展開で目先の利益を拡大させてきた韓国経済がここにきて失速している現実もこのことを如実に表している。先にも書いたように日本経済が単に中国の安い労働力に依存していただけであれば、今回の中国ショックによる損害は必然的に日本企業や日本の経済に跳ね返ってくる。日本は単なる被害者ではない。日本は中国での事業展開のやり方を間違った過去のツケを払わねばならない時が来たのである。それは日本国内の企業経営、技術経営の在り方をも再度見直す必要に迫られよう。かつて 液晶技術で単独世界のトップ企業であったシャープが本社を手放すまでに落ち込んだ。半導体技術で世界を席巻したあの東芝が不正会計処理問題で上場さえ危ぶまれている。日本企業が 中国にイノベーションを求めなかったのは、現地の政治体制や労働者意識の問題もあろう。しかし今何が日本企業経営の根幹であるのか、企業の価値の源泉は何であるのかが問われる。日本は今回の中国ショックを他山の石とせねばならない。

 歴史を振り返れば、日本に学んだ中国指導者、孫文、蒋介石、周恩来たちが中国を大きく変えた歴史もある。時代は違うし経済状況も違う。しかし上から目線ではない日本の胆力、日本が戦後積み上げてきた経営ノウハウが試される時が遠からず来よう。
posted by kogame3 at 13:02| Comment(0) | 歴史認識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: