2015年09月04日

抗日戦争勝利70周年パレード

 9月3日に北京天安門広場で壮大な軍事パレードが行われた。20種類以上の軍用機は200機近く。40種類500にのぼるミサイルや戦車などの兵器が披露された。このうち84%は初の公開。第二砲兵部隊からは短距離、中距離、長距離の弾道ミサイル7種類が参加した。未公開の弾道ミサイルなどが次々と登場したという。米国全土を射程にできる大陸間弾道ミサイルや空母を沈めるミサイルなど軍事的には台湾やアメリカを強く意識した軍事パレードである。そして習近平国家主席は「中国人は日本軍から侵略を受け、中国はその抗日戦争に勝った。しかし中国は決して他国に対しこのような侵略を行わない」と声高に宣言した。主要国の首脳ではロシア プーチン大統領、韓国朴大統領が出席したが,西側G7の首脳は全員欠席している。世界の心ある人々はこの時代錯誤ともいうべき式典に眉をひそめている。このニュースに触れいくつかの違和感と矛盾を感じるのは私だけではないだろう。


 最初の矛盾は、平和を希求している国際社会においてなぜ今これだけの大規模な軍事パレードが必要なのかということである。中国の指導者は口では「正義、平和、人民!」と叫びながら、目の前では巨大な大量破壊兵器を見せつける。この矛盾は、彼らの言葉がこの先意味をなさないことを世界にさらしただけである。軍事力という暴力を見せつけないと、選挙のない独裁国家主導者は心配でたまらないのであろうか。経済の失速がささやかれている中国において、権力者はまたもや武力に頼らねばならないということだろうか。安い労働力と巨大な人口だけが取り柄の中国経済は、自らが生み出した独自の価値を世界に供給することなしに、その座を他のアジア諸国に奪われ始めている。多くの中国国民には、まだまだ経済発展の恩恵が行き渡っていない。多民族国家でもある中国ではテロも頻発している。かつて天安門広場での民主化弾圧は今も人権弾圧の歴史として国際的な非難を受けている。そんななか、権力者の焦りが今回の軍事パレードから見て取れる。

 次に違和感があるのは、70年も前の抗日の歴史を突然このような軍事パレードで飾らなければならない理由である。拙筆のブログで何度も言及しているが、中国本土で主に旧日本軍と戦ったのは蒋介石率いる国民党軍であり、それもアメリカの軍事支援を受けで戦いを続けられたということである。現政権の祖先である毛沢東共産党軍による組織だった抗日戦の歴史はない。(共産軍は国共合作により国民党軍に組み込まれて日本軍と戦っている。)毛沢東は生涯一度も抗日戦争記念式典など開催していない。それどころか、日本に勝利した蒋介石軍をその後の国共内戦により台湾に追い出したのは中国共産党である。彼らが強く抗日戦勝国を名乗り始めたのはまだ最近10年の間ぐらいである。台湾を威圧するかのようなこの軍事パレードはそのことを引け目に感じているコンプレックスからくるものであろうか。自らの政権の正統性をこのような方法でしか示せないところに彼らの弱さがある。最近「カイロ宣言」いう中国共産党製作の映画が注目を集めている。カイロ宣言は、1943年、ルーズベルト、チャーチル、蒋介石がエジプトのカイロに集まりアジアでの対日戦争方針と戦後の日本の領土を決定した歴史的な会議である。映画のポスターでは、会議に出席もしていない共産党指導者毛沢東が描かれているそうだ。もし 虚偽の歴史が描かれているとすれば大きな国際問題に発展する可能性もある。過去の歴史を現在の自分たちの都合で書き換えることは厳に慎まなくてはならない。


 そういう視点で見ると、同じ政治構造を持つロシア、韓国の首脳が参列しているのも納得できる。1991年共産党の独裁であったソ連が崩壊し、ロシアは民主化の道を歩んできたはずである。しかし、プーチン大統領の目指す方向はこの流れの方向を変えつつある。新帝国主義の台頭である。今も戦闘が続いているクリミア、ウクライナ問題。欧米からの非難や経済制裁が続くロシア、孤立化が鮮明になりつつあるロシアが中国にすり寄るのは必然であろう。韓国大統領の出席は一見矛盾に満ちたものであろう。軍事的には完全に北朝鮮や中国と敵対し、徴兵制を堅持し、米韓軍事演習を続ける。その国のリーダーがその仮想敵国の軍事パレードに出席しているのである。韓国とて旧日本軍と戦った歴史はない。敵対する北朝鮮の建国の父、金日成は抗日ゲリラを戦った史実がある。ここに 韓国のねじれたコンプレックスがありそうである。先月 38度線で銃声が聞こえたばかりでえある。彼らは抗日というより対北朝鮮という立場でこの式典に出席したと考えられる。経済の落ち込みが激しい韓国も孤立化を恐れて米中間で揺れ動いているようにみえる。全体主義に対する戦勝を祝うパレードに全体主義的色彩の強い国家元首が並ぶ光景はそれだけで茶番である。


 今どき、核ミサイルの軍事パレードなんて、世界はこんなバカなことにエネルギーを使っていていいのだろうか。世界の人口爆発、格差の拡大、環境破壊など国際社会が一丸となって立ち向かわなければならない課題は多い。世界の各国が互いに反目し互いに消耗する、要らぬことに資金とエネルギーを費やしている時間はあまりない。

タグ:歴史認識
posted by kogame3 at 15:06| Comment(0) | 歴史認識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: