2015年04月17日

ピノキオ

小説に即していえば、空想を書いていただけでは小説になりません。自分の中にある物語を深いところから掘り起こして来なくてはなりません。ゼペットじいさんが木の塊の中からピノキオを見つけ出すみたいに。つまりゼペットじいさんはピノキオを作ったのではなく、見つけ出したのです。だからこそピノキオは生命を持つことができたのです。−(村上春樹氏 村上さんのところ より)

 私は、人間がモノを造ったというのも、違うと思います。人間は、何も自ら造れません。自然の中からモノの性質を見つけ出し、その知識を使って道具や装置として組み合わせているだけなのです。モノの性質は、人間が作り出したものではなく、人間が存在するより遥か昔から自然に普遍的に存在するものです。そういう意味で、人間はちょっとばかり知識を得たぐらいで、おごってはいけません。自然を破壊してはいけません。
posted by kogame3 at 00:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: