2015年03月21日

バッテリーBOXの製作

 やっと春やしくなってきた。1月2月は寒過ぎて車庫で作業なんかする気分になれなかったが、3月の半ばを超えると急に暖かくなってきて勝手に体が動く。これが 仕事だったらそんな甘いことも言ってられないだろうに。まったく身勝手なものだ。

 そんなわけで 早速 バッテリーBOXを組むことにした。材料は、厚み12mmのコンパネとアルミ製アングル材、そして建築用の5mm厚 ポリカーボネイトの平板である。ポリカの耐候性は非常に高く、20年前に建てた車庫の屋根の波板がいまだに割れずに役目を果たしていることに驚いている。今回ぜひ使いたかった材料だ。BOXの大きさは幅930mmx奥行き850mmx高さ250mmとした。これは ベースカーのトランクの寸法的な制約と搭載バッテリーの数と大きさと数から決定した。

IMG_4052_1600.jpg

IMG_4053_1600.jpg

ポリカの樹脂版は2枚重ねで剛性をアップした。なかなか良い感じだ。

IMG_4058_1600.jpg
しかしながら「魂は細部に宿る。」である。このあたりが親父のち密さにまだまだ追いつけないところで私の欠点だ。

このBOXに、12V 40Ahの鉛バッテリーが24個入る。総電力量は11.5kwhとなる。これは、日産リーフの容量の半分以下だ。総重量は270kg程度になる。最初からLi電池での挑戦はせず、まずは地道に鉛バッテリーで車の完成度を目指すこととした。Li電池は、未だBMS(バッテリーマネジメントシステム)が不安定なものが多く実用に耐えるものが個人では手に入りにくい状況にあるそうだ。そういう意味では、鉛バッテリーの方が、性能は低いが、耐久性と扱いやすさ、コストの安さでは勝る。

IMG_4060_1600.jpg

IMG_4061_1600.jpg
ベースカー メルセデスベンツS500のトランクに載せてみた。なんだか小さく感じる。これで一体どのぐらい走れるのだろうか。
posted by kogame3 at 16:51| Comment(0) | 改造電気自動車W140
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: