2015年01月24日

オートマチックミッションのオーバーホール その2

 現在 太陽光発電の自宅屋根への設置を検討している。今年度中に経済産業省に申請すればこの先20年間 32円/Kwで売電ができるという。初期投資の償却が10年で済めば後の10年間は丸儲けという話だ。おいしい話に聞こえるが、いろいろなリスクがある。そんなに長い間設備が機能するのか。自然災害で設備が破損しないか。天候不順で所定の電力が発電できないリスクはあるのか。一番心配なのは10年以上先には世の中がどうなっているのかわからないということだ。安い買い物ではない。昨夜もセールスマンに粘られた。軽い気持ちで見積もりを依頼したところ、ぜひ見積もりだけでもさせてくれと頼まれたので話を聞いていた。しかし、いつの間にが判断を先延ばしにしている私の方が追い詰められている。変な話だが人間の心理とはそういうものだろう。時間が ないないと言われると なぜか焦ってくる。

 オートマミッションのオーバーホールも分解が済み、組み立て工程に入った。とその前にボディーの掃除をした。

IMG_3894_1600.jpg


灯油やアルコールを使ってワイヤブラシとサンドペーパーで積年の油汚れを落とす。アルミ鋳物の本体は 往年の色を取り戻す。狭い部屋は、匂いが充満し、頭がガンガン、クラクラする。

IMG_3899_1600.jpg

新品のガスケットやOリング オーバーホールキット。こんなものが、10万円以上する。

IMG_3900_1600.jpg


こちらは取りだしたクラッチ板。

IMG_3895_1600.jpg


ふと オイルシールが熱で劣化している箇所を見つけ、おもむろに交換作業を始めた。そこに さっきの太陽光セールスマンが押しかけてきた。もう少し考えさせてくれと言ってもなかなか帰らない。申請期日までの時間はもうないという。日本中で申請が殺到し、間に合わなければ来年度は買い取り価格がドスンと下がるという。相手も必死だ。深夜の11時近く5時間粘ったあげくにやっとお引き取り願った。熱意はわかるが、、、。

気になっていた作業を再開した。深夜2時オイルシールの交換が終わった。とおもったとたん何を勘違いしたのかシールのリップ部を挿入スリーブでたたいて壊してしまった。

IMG_3896_1600.jpg


ああー やってしまった。本日の教訓。「急いては事を仕損じる」
師匠 ごめんなさい!
posted by kogame3 at 13:55| Comment(0) | 改造電気自動車W140
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: